サポーターコラム

サポーターコラム

Supporter column
高温多湿の夏は特に室内換気が大切!

人が住まなくなったお家は早く痛むとよく言いますが、
その原因の一つに「換気」が十分に行われていない事があげられます。

誰も住まなくなったお家は風が通らないので、空気がよどみ湿気やほこりが溜まります。
湿気やほこりが溜まっている環境は、カビや害虫の温床となり住宅が傷みやすくなるのです。

特に今からの時期の高温多湿はカビの増殖によって、強い匂いも発生させますので、少なくとも月に1回・約1時間換気をして建物の劣化を防ぎましょう。

窓などは勿論、湿気が溜まりやすい水廻りの収納場所(シンク下など)、下駄箱、クローゼット、押し入れ、冷蔵庫、などもカビにとって絶好の隠れ家です。

扉を開けて換気をすることで湿気やカビを防ぐ対策になります。

建物の資産価値を守るためにも、室内換気がとても重要です。

「空き家どうする?サポーター」のご紹介
ツムギ住研 株式会社
橋本 純一(はしもと じゅんいち)
専門分野
リフォーム・リノベーション建て替え管理不用品処分
warning注意事項
  • 各コラムは、執筆者の原文そのまま(本サイト側の編集は一切なし)を掲載しています。
  • 文責は、あくまでも執筆者に帰属するものであり、本サイトが、執筆内容の正確性や最新性を保証するものではありません。
  • 閲覧される場合は、上記についてご理解の上で、信憑性をご判断ください。
  • 閲覧によって生じたいかなる損害についても、本サイト事務局は、一切の責任を負いません。

テーマ

過去の記事