サポーターコラム

サポーターコラム

Supporter column
自然災害による空き家の倒壊

例年でのデータを見ていると台風が日本に上陸及び接近する可能性が高い時期は、

7月、8月、9月と言われているそうです。

すでに半倒壊している空き家や、台風、地震により崩壊し、2次災害が起こる可能性のある空き家も多くあると思います。

一般的にある空き家は主に木造の建物がほとんどで、古くなり老朽化しているのが多くあります。老朽化が進み、古い建物ほど耐震性が不足しているため、小さな地震や台風でも倒壊する可能性があります。

今現在、どこの解体業もなかなか手一杯で、すぐに取り壊すことができず2、3カ月後になってしまう状況にあるようです。

自然災害による倒壊、そうでなくても老朽化で倒壊の恐れのある空き家は解体、修繕する対策を早めに行いましょう。

「空き家どうする?サポーター」のご紹介
有限会社 川崎興産
西村 晃平(にしむら こうへい)
専門分野
解体
warning注意事項
  • 各コラムは、執筆者の原文そのまま(本サイト側の編集は一切なし)を掲載しています。
  • 文責は、あくまでも執筆者に帰属するものであり、本サイトが、執筆内容の正確性や最新性を保証するものではありません。
  • 閲覧される場合は、上記についてご理解の上で、信憑性をご判断ください。
  • 閲覧によって生じたいかなる損害についても、本サイト事務局は、一切の責任を負いません。

テーマ

過去の記事