サポーターコラム

サポーターコラム

Supporter column
空き家のシロアリ・・・しっかりと対策を

放置された状態が多い空き家・・・
実はシロアリなどの害虫の温床になってしまってることがあります。

<シロアリは湿った木に生息します>

締め切った空き家・・・
湿気が多くなり、木材を腐食させてしまいます。

シロアリの巣になってしまった木材は取り換えるしかなくなり、大きな工事が必要になってしまいます。

現在の基礎はベタ基礎といって、床下のすべてがコンクリートの基礎が主流ですが、昔の基礎では1階の床下は土になっているケースがほとんどです。
雨の日などはその土から湿気が上がって土台などの木材を腐食させてしまいます。

また、家の中に設置されている水道管も中の水が蒸発し、害虫の温床になりやすくなります。

まずは、定期的に通気を良くし、配管は水を通すことが大切です。
また、定期的に専門家にチェックしてもらうことも重要です。

もっとも怖いのが、シロアリ被害が自分の家だけではなく、自分の家が原因となり、お隣の家にもシロアリ被害を出してしまうケースです。

事前にしっかりとした対策を取りましょう。

「空き家どうする?サポーター」のご紹介
ツムギ住研 株式会社
橋本 純一(はしもと じゅんいち)
専門分野
リフォーム・リノベーション建て替え管理不用品処分
warning注意事項
  • 各コラムは、執筆者の原文そのまま(本サイト側の編集は一切なし)を掲載しています。
  • 文責は、あくまでも執筆者に帰属するものであり、本サイトが、執筆内容の正確性や最新性を保証するものではありません。
  • 閲覧される場合は、上記についてご理解の上で、信憑性をご判断ください。
  • 閲覧によって生じたいかなる損害についても、本サイト事務局は、一切の責任を負いません。

テーマ

過去の記事