サポーターコラム

サポーターコラム

Supporter column
空き家で通販

コロナ渦で外に出て行って買い物できる機会が減りましたが、通信販売業界は成長中です。新たに自宅等で通信販売ビジネスを始められる方も増えていますが、ある程度通信販売の取扱量が増えると商品の置場や梱包スペース不足に悩まされます。そこで空き家を活用して通信販売の拠点を設け商品をストックしたり、荷捌きや梱包の場所として有効活用してはいかがでしょうか。


通販販売の拠点としての活用なら特段の許認可は原則として必要ありません。勿論、空き家を賃貸で借りる場合は大家さんに通信販売ビジネスの拠点として使用する事は承諾頂くことが前提ではあります。
例外として、中古品、酒類、医療機器等を扱う場合や食品を開封して詰め替えたりする場合は別途営業許可が必要となります。

なお、自らが行う通信販売の商品等を保管するには問題ありませんが、他人やっている通信販売商品の保管だけを行う場合は倉庫業としての登録が必要になりますのでご注意下さい。

「空き家どうする?サポーター」のご紹介
行政書士 雨堤孝一事務所
雨堤 孝一(あまづつみ こういち)
専門分野
民泊営業許可
warning注意事項
  • 各コラムは、執筆者の原文そのまま(本サイト側の編集は一切なし)を掲載しています。
  • 文責は、あくまでも執筆者に帰属するものであり、本サイトが、執筆内容の正確性や最新性を保証するものではありません。
  • 閲覧される場合は、上記についてご理解の上で、信憑性をご判断ください。
  • 閲覧によって生じたいかなる損害についても、本サイト事務局は、一切の責任を負いません。

テーマ

過去の記事