サポーターコラム

サポーターコラム

Supporter column
産業廃棄物のリサイクルについて

空家をリフォーム、リノベーション若しくは解体する際に必ず発生する物。それは廃棄物です。

現在、環境に対しての意識が高い中、廃棄物の処理について注目を集めています。
リフォーム現場や、解体現場から出る廃棄物は「産業廃棄物」となります。
産業廃棄物には細かく分類が分かれており、20品目に細分化されます。
※特別管理産業廃棄物は別
解体や、リフォーム・リノベーション工事から排出される廃棄物は主に、
①木くず
②廃プラスチック類
③ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器くず
④金属くず
⑤がれき類
が主に排出されます。上記廃棄物は産業廃棄物処理業者によって、適正に処理されます。
ただ廃棄物を燃やして減容化し埋立処分するのではなく、再資源化できる廃棄物は適正にリサイクルされます。
①木くずは、チップ化にしMDFの原料や、製紙会社のボイラー燃料へリサイクル
②廃プラスチック類は、熱を加えて製紙会社のボイラー燃料に使用する固形燃料にリサイクル
③ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器くずは主に石膏ボードなので、破砕後、熱を加えて無水石膏にリサイクル(無水石膏は石膏ボードの材料)
④金属くずは再度溶かし鉄資源へリサイクル
⑤がれき類は細かく破砕し、道路路盤材にリサイクル
となります。

あくまでも上記のリサイクル方法は一部です。各処理業者が研究し新たなリサイクル方法が生み出されています。

その一方、現在でも、不法投棄事案があります。依頼する業者が廃棄物を排出する際、廃棄物処理業者と契約をしているか、マニフェストの交付を受け、適正に処理している廃棄物処理業者に依頼しているか、しっかりと確認するのも環境に対しての配慮になります。

「空き家どうする?サポーター」のご紹介
ツムギ住研 株式会社
橋本 純一(はしもと じゅんいち)
専門分野
リフォーム・リノベーション建て替え管理不用品処分
warning注意事項
  • 各コラムは、執筆者の原文そのまま(本サイト側の編集は一切なし)を掲載しています。
  • 文責は、あくまでも執筆者に帰属するものであり、本サイトが、執筆内容の正確性や最新性を保証するものではありません。
  • 閲覧される場合は、上記についてご理解の上で、信憑性をご判断ください。
  • 閲覧によって生じたいかなる損害についても、本サイト事務局は、一切の責任を負いません。

テーマ

過去の記事