サポーターコラム

サポーターコラム

Supporter column
老朽化した空き家の解体を後押し 年間500戸助成(神戸市)

神戸市では、老朽化した空き家の解体を進めていくために、2019年度、年間500戸の解体費用を補助する方針。

補助の対象となるのは、1981年(昭和56年)以前の「旧耐震基準」で建てられた神戸市内の住宅で、屋根や外壁の一部がはがれるなどの傷みがあり、所有者が将来的に住む予定がないことが条件。住み替えを検討しているが、道路に面していないなどで売却が難しい物件も含む。所有者の申請を受けて市が審査し、補助額は1戸あたり上限50万円程度を想定。

「空き家どうする?サポーター」の紹介
株式会社ティー・エム・エス(空き家どうする?事務局)
担当者:谷口 昌良
warning注意事項
  • 各コラムは、執筆者の原文そのまま(本サイト側の編集は一切なし)を掲載しています。
  • 文責は、あくまでも執筆者に帰属するものであり、本サイトが、執筆内容の正確性や最新性を保証するものではありません。
  • 閲覧される場合は、上記についてご理解の上で、信憑性をご判断ください。
  • 閲覧によって生じたいかなる損害についても、本サイト事務局は、一切の責任を負いません。

テーマ

過去の記事