サポーターコラム

サポーターコラム

Supporter column
施設入居に伴う不動産売却の際の問題点

高齢の親が施設に入るので、実家を売却する、という話がよくあります。しかし、実家の所有者である親が認知症である場合、実家の売却は容易ではありません。

「親のために売却するのだから問題ない」とお考えの方が少なくありませんが、不動産等の財産を処分するには、法律上「行為能力」が必要であり、認知症で判断能力のない高齢者は、残念ながら「行為能力」がございません。

この場合、裁判所に「後見人」を選任してもらい、後見人から裁判所へ「居住用不動産売却の許可」を申請し、裁判所に認めれてもらわなければ、実家は売却することができないのです。

この手続が煩雑でめんどくさく、結果両親が施設に入居後も実家を処分できず、空き家となっている状況も多数ございます。

いざという時のスムーズな売却のために、             ①任意後見契約を締結しておく                  ②家族信託制度を利用する                    ③相続時精算課税制度を利用して、元気なうちにお子様へ名義を変更しておく                             等の対策をぜひ検討してみてください。              ただし税金等様々な側面から対策を講ずる必要がございますので、専門家へのご相談をお勧め致します。

「空き家どうする?サポーター」の紹介
大迫司法書士事務所
担当者:大迫 康二(おおさこ こうじ)
専門分野
登記相続成年後見
warning注意事項
  • 各コラムは、執筆者の原文そのまま(本サイト側の編集は一切なし)を掲載しています。
  • 文責は、あくまでも執筆者に帰属するものであり、本サイトが、執筆内容の正確性や最新性を保証するものではありません。
  • 閲覧される場合は、上記についてご理解の上で、信憑性をご判断ください。
  • 閲覧によって生じたいかなる損害についても、本サイト事務局は、一切の責任を負いません。

テーマ

過去の記事