サポーターコラム

サポーターコラム

Supporter column
空き家の外壁が崩落・・・誰の責任になるの?
ニュースなどでマンションの外壁のタイルが落ちて通行人に被害がでるというニュースをよく目にします。
空き家の場合は管理が行き届いておらず、今にも外壁や屋根が落ちてきそうな家が沢山あります。
一般的に外壁においては10年程度のスパンで修繕をするのが望ましいと言われていますが、もし事故があった場合は誰の責任になるのでしょうか?
 
答えは「占有者」です。(民法717条)
民法では住んでいる人の責任になりますが、空き家の場合住んでいる人がいません。その場合は「所有者」の責任となってしまいます。
形あるものは崩れていきます。定期的なメンテナンスをしなければ知らず知らずの内に他人に被害を出してしまう可能性があります。
 
空き家をお持ちの方がこのコラムをご覧になられていれば、被害が起きてしまう前に、一度空き家の状況の確認をご検討ください。
「空き家どうする?サポーター」の紹介
ツムギ住研 株式会社
担当者:橋本 純一(はしもと じゅんいち)
専門分野
リフォーム・リノベーション建て替え管理不用品処分
warning注意事項
  • 各コラムは、執筆者の原文そのまま(本サイト側の編集は一切なし)を掲載しています。
  • 文責は、あくまでも執筆者に帰属するものであり、本サイトが、執筆内容の正確性や最新性を保証するものではありません。
  • 閲覧される場合は、上記についてご理解の上で、信憑性をご判断ください。
  • 閲覧によって生じたいかなる損害についても、本サイト事務局は、一切の責任を負いません。

テーマ

過去の記事