サポーターコラム

サポーターコラム

Supporter column
空き家のブロック塀の危険性について

ブロック塀の危険性
 
いつも通る道に沢山のブロック塀が立ち並んでいます。また、大阪府北部を震源とする地震により、ブロック塀が倒壊し尊い命が奪われました。  
人工物による弊害で尊い命が奪われるようなことがあってはいけません。   
危険なブロック塀は撤去し、アルミのフェンスや生垣化にしていき、同じことが二度と起こらないようにしていく必要があります。 
皆様が普段通行している道や通学路にもまだまだ危険なブロック塀が残っています。 
空き家にも沢山危険なブロック塀があります。 

  
〇危険なブロック塀とは? 
塀の高さが高すぎる
塀の厚みがない
控え壁が無い
基礎が無い
傾いていたり、ヒビが入っている
鉄筋が入っていない
など

ブロック塀があれば一度チェックしてみてください。

〇撤去に関する補助金(神戸市)
神戸市でも地震で倒壊する恐れのある危険なブロック塀等の撤去における助成制度を実施しています。

神戸市危険ブロック塀等撤去助成事業として、補助金があります。

神戸市危険ブロック塀等撤去助成事業(神戸市HP)

<対象>
□たくさんの人が通る道や公園に面している
□高さが80cm以上
□危険なブロック塀等である

<補助金額>

撤去にかかる費用×2/3(上限20万円)
となっております。
また、合わせて撤去後生垣化する植栽工事の補助などもございます。
植栽工事にかかる費用×2/3(上限10万円)                                      
                                   
二度と尊い命を失ってはいけません。
少しでも危険かもしれないと思ったら
お気軽にお問い合わせください。

「空き家どうする?サポーター」のご紹介
ツムギ住研 株式会社
橋本 純一(はしもと じゅんいち)
専門分野
リフォーム・リノベーション建て替え管理不用品処分
warning注意事項
  • 各コラムは、執筆者の原文そのまま(本サイト側の編集は一切なし)を掲載しています。
  • 文責は、あくまでも執筆者に帰属するものであり、本サイトが、執筆内容の正確性や最新性を保証するものではありません。
  • 閲覧される場合は、上記についてご理解の上で、信憑性をご判断ください。
  • 閲覧によって生じたいかなる損害についても、本サイト事務局は、一切の責任を負いません。

テーマ

過去の記事