サポーターコラム

サポーターコラム

Supporter column
空き家でカフェ

空き家で民泊を運営する方が増え元々住宅エリアであった所に観光客等が増えてきている状況があります。これら観光客の多くは観光地等で食事を済ませるケースが殆どで宿泊施設で食事をする事は稀と言えます。しかし宿泊施設の周辺にお洒落なカフェがあればと思っている観光客も少なくないようです。民泊ブームで新たな人の流れができている所で別のビジネスという発想はいかがでしょう。観光客が増えたからといって必ずしも民泊ビジネスをやる必要はありません。その民泊を利用する人をターゲットにした空き家活用も1つの手段です。
ただ気を付けて頂きたいことは場所と内容です。ビジネスはどこで行っても良いとは限りません。都市計画により用途地域が定められています。従前は宿泊施設と飲食店であれば、旅館業として宿泊施設が認められない地域でも一部の住居系地域では飲食店は認められるといった感じで飲食店の方が可能な地域は多くありました。しかし宿泊施設に関する規制緩和で民泊施設等は住居系地域での運営が許容されたこともあり、民泊の宿泊施設が可能であっても飲食店が不可能な地域も存在する様になりましたので注意が必要です。
更に飲食店でもお酒の提供を伴うケースでは営業時間が深夜に及んでしまうと更なる規制の対象となるのでこちらも注意が必要です。

「空き家どうする?サポーター」の紹介
行政書士 雨堤孝一事務所
担当者:雨堤 孝一(あまづつみ こういち)
専門分野
民泊営業許可
warning注意事項
  • 各コラムは、執筆者の原文そのまま(本サイト側の編集は一切なし)を掲載しています。
  • 文責は、あくまでも執筆者に帰属するものであり、本サイトが、執筆内容の正確性や最新性を保証するものではありません。
  • 閲覧される場合は、上記についてご理解の上で、信憑性をご判断ください。
  • 閲覧によって生じたいかなる損害についても、本サイト事務局は、一切の責任を負いません。

テーマ

過去の記事